ニュース

トロっとドロっと泥遊び(5歳児クラス)

[令和4年9月9日]
 9月に入り、気温も少しずつ低くなってきたので、園庭に出て、全身で泥遊びをして遊びました。
 実施日の朝は少し雨が降った後の地面だったので、泥遊びに最適な環境となっていました。地面に水を撒いて泥地を作ると、泥の中に入れる事を喜びながら、いつもは味わえない泥の感触を裸足で楽しみ始めました。
 足の裏で泥の感触を感じた後は、泥ケーキや泥団子を作ったり、泥のパンケーキをパンパンと叩いたりしながら泥の柔らかい感触も味わっていました。「服も全部汚して良いから、友達に泥つけちゃえ」と子ども同士で泥を全身につけ合ったり、「海でこうやって埋もれて遊べるんだよ」と寝転がった友達に泥をのせてあげたりしながら、泥を使った遊びを子ども同士で広げていました。泥が苦手な子は無理のないように、テラスや花壇の近くで少しずつ泥に触れながら泥の感触に親しみがもてるようにしていきました。
 泥遊びを通して、五感を刺激しながら感性が育まれる経験となりました。今後も実体験を通した開放的な遊びを行い、感性とともに、友達との関わりを深め社会性も養われる経験を大切にしていきます。
拡大写真を表示
拡大写真を表示
拡大写真を表示
[令和4年9月9日]
 9月に入り、気温も少しずつ低くなってきたので、園庭に出て、全身で泥遊びをして遊びました。
 実施日の朝は少し雨が降った後の地面だったので、泥遊びに最適な環境となっていました。地面に水を撒いて泥地を作ると、泥の中に入れる事を喜びながら、いつもは味わえない泥の感触を裸足で楽しみ始めました。
 足の裏で泥の感触を感じた後は、泥ケーキや泥団子を作ったり、泥のパンケーキをパンパンと叩いたりしながら泥の柔らかい感触も味わっていました。「服も全部汚して良いから、友達に泥つけちゃえ」と子ども同士で泥を全身につけ合ったり、「海でこうやって埋もれて遊べるんだよ」と寝転がった友達に泥をのせてあげたりしながら、泥を使った遊びを子ども同士で広げていました。泥が苦手な子は無理のないように、テラスや花壇の近くで少しずつ泥に触れながら泥の感触に親しみがもてるようにしていきました。
 泥遊びを通して、五感を刺激しながら感性が育まれる経験となりました。今後も実体験を通した開放的な遊びを行い、感性とともに、友達との関わりを深め社会性も養われる経験を大切にしていきます。

ページ上へ

 

【(社福)神奈川県社会福祉事業団 新川崎みらいのそら保育園】〒212-0057 川崎市幸区北加瀬1丁目11番4号 TEL044-589-5588