施設長あいさつ

研修センター所長
石田 貢一

 神奈川県社会福祉事業団研修センターは、神奈川県からの委託研修であります「認知症介護実践者研修」、「認知症介護実践者リーダー研修」等を中心に認知症高齢者の介護に関する研修を中心に行っています。
 今後ますます認知症高齢者の増加が見込まれる中、認知症介護の専門性は、社会的必要性、需要が高まり、その質の向上も求められています。認知症介護の専門的な研修は、県内の認知症介護者の人材育成及び、地域福祉を担う専門職の人材育成と地域ネットワークづくりに貢献することにあります。
 介護の人手不足が言われている現在、「介護人材の確保」「介護人材の定着」「新たな介護人材の育成」が緊急の課題になっています。介護人材の専門性向上、キャリアデザイン確立の一助として貢献できるように、事業展開を進めていきます。 研修を受講された皆さんが、日々の実践の場で悩んでいることの解決の糸口になるように、研修で学んだことが実践の場で活かせる研修を目指していきます。
 当法人内職員の研修も研修センターの重要な事業の一つです。経営理念の基にある「求められる人材像」に沿った人材を育成するために、児童・保育事業と高齢者事業を持つ法人の特色を発揮できる階層別研修を実施していきます。当法人の「人は財産」という考えに基づき、「人材」が「人財」に成長することで、サービスの質の向上が図られ、活力ある事業経営の基盤を作れるよう努力していきます。
 多忙な介護現場の状況の中、研修の主旨をご理解いただき、参加していただいている多くの施設や事業所の管理者、スタッフの皆様に感謝申し上げます。また、認知症介護指導者をはじめ、講師やファシリテーターとして研修を担っていただいている皆さまにも感謝申し上げ、今後も変わらぬご協力をお願い申し上げます。

ページ上へ
 

【(社福)神奈川県社会福祉事業団 研修センター】
〒231-0003 神奈川県横浜市中区北仲通3-33 神奈川県中小企業共済会館5階  TEL045-319-4310